Double surgery

大阪で二重手術の方法としてあるのが

目

大阪で二重手術というのは、基本的には埋没法が一般的です。この方法が最もリスク的に軽いですし、かなり簡単にできるからです。どんな内容であるのか、といいますと要するに瞼の中に糸を入れるのです。
この糸は溶けるタイプではなく、ナイロン製になります。これは体内で溶けることがありませんから、それが不安、という人もいます。要するに体内に糸があることが嫌だ、ということがあるわけです。そうした人は切開をするタイプの二重手術がよいでしょう。しかし、これは最早、プチ整形とはいえないレベルのものになってしまうので基本的には埋没法を受ける人が多いです。これならばリスクも少ないですし、非常に安心してやってもらうことができるようになります。
大阪での費用ですが別に保険が適用されるわけではありませんから、自由診療になります。また、そこまで難しいタイプの整形ではないのですがそれでもノーリスクというわけにはいきませんから、少なからず注意はしたほうがよいでしょう。お願いする側としての注意できる点はクリニックを選ぶことくらいではあるのですが、それだけでも十分にメリットはあります。ネットなどもよく理解して、出来るだけよい大阪の二重手術のクリニックを選びましょう。

私の大阪での二重手術体験談、埋没法編

私は大阪で二重手術を二度経験しています。他にも大阪で二重手術ではなく眼瞼下垂、目頭切開法という手術もしていますが、ここでは埋没法について書いていきたいと思います。
一度目は高校在学中の夏休み期間を利用して、二度目は会社員として働いていた20歳の時に成人式の2、3か月前というタイミングで有給休暇を利用して一度目とは別の病院で二重手術を受けました。
埋没法の費用は病院によって10万5千円や14万円と様々で、いずれも診察と手術を同じ日に済ませ日帰りすることができました。その後は様子を見せに通院しましたがこれも病院によってまちまちだと思います。
診察では先の細い器具をまぶたに当てた状態で目を開き、二重幅をどのくらいにするか相談します。控えめな幅であれば術後の腫れも少なく、3日程度で人前に出られると思います。しかしながら埋没法というのは次第に二重幅が狭くなり、これをよく言えば自然になる、悪く言えば物足りなさを感じ始めます。私の場合は3年程で一重に近いような状態に戻りました。
そこで二度目は数年後に幅が狭まることを考慮して無理矢理といってもいいくらいに大阪のクリニックで幅広くラインをとってもらいました。その分腫れも酷く目を開けにくくなりなりましたが、それでも4、5日後には人前に出られる程に落ち着きました。ですが2、3か月経ってもトロンとした感じの眠たそうな状態でしたので、本当に二重が自分の物として馴染むまでは1年くらいかかったように思います。

大阪の二重手術の仕組み

大阪の女性には圧倒的に人気がある整形が目を二重にする二重手術です。大阪で二重手術はいくつか種類があり、プチ整形で切らずに二重にする方法やメスを入れる手術などです。目のプチ整形は埋没法という細い糸でまぶたを留めて二重にする方法です。
1点留め、2点留め、3点留め、4点留め、6点留めなどの種類があり、数字が大きくなるほど料金も高くなります。料金は1点留めであれば1万円以下でできるところもあり、2点、3点などでも数万円でできるところが多いです。
中でも2点留めや3点留めが人気があります。この方法は痛みが少なく、ダウンタイムも短いので気軽に受けることができます。留める数が多いほど良いというわけではないのでクリニックの先生と相談することをおすすめします。基本的にプチ整形は数年で元に戻ってしまいますが、費用も安くメスを入れないので、初めての人には安心感があり、プチ整形を選ぶ人は多いです。
メスを入れる方法とは部分切開や全切開というまぶたを切る手術です。この方法はダウンタイムが1~2週間あります。メスを入れて二重にするとプチ整形のように数年で元に戻ることはありませんが、費用が高く、元に戻らないということは一生モノなので躊躇する人もいます。大阪ではこの二重手術は埋没法より目をスッキリさせることができ、自然に仕上がります。


🌸二重手術は大阪のコムロ美容クリニックに相談しましょう。
数多くの実績があるので、信頼して二重整形をおまかせすることができますね。

おすすめの記事

新着情報

TOP